病院で検査のはずが・・・

2018.02.01.Thu.03:54
今日も結構寒い。。。
もう冬の景色と寒さに嫌気が・・・
次のイベントは、節分?バレンタインデー?ひな祭り?イースター???
日本とカナダを合わせると、割と忙しいかもね♪
私にとっては、春の訪れを知らせる、シュガーシャック砂糖小屋の時期が待ち遠しい。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

実は、新年迎えて、冬休み明けにある検査のアポがありました。
でも、何かマヌケな結果に終わったので、記しておこうかと。

妊婦時代からお世話になっている女医さん。
いろいろあったからか、この1,2年、親身になってくれる。

年に一度くらいチェックアップをしているけれど、こっちは、病気ないのに検査ってあまりしない。
むしろ、症状が出てから、「じゃ、治療しましょう」という感じ。
でも、日本は人間ドックして、先回りして、病気にかからないように予防する国ですよね。

昨年の夏、日本で人間ドックを受け、ピロリ菌がお腹にいる事が判明。
治療する時間はないので、カナダに戻って、この女医さんとアポを取り、薬で治療&除菌。

昔から、緊張したり、ストレスだったり、寒かったり、わりと繊細な私のお腹。
便秘には、ほぼなりません。

そこで、私の慢性的なお腹が緩い話に焦点が置かれた。
ピロリ菌が除菌できたにも関わらず、改善されない私のお腹。
グルテンなどのアレルギーか…とか

私にしてみたら、ずーっとなので、そんなものかと・・・
でも、彼女は大腸がんか何かを疑ってた。
グルテンは、血液検査で陰性でした。

さらっと、「スペシャリストを紹介するから、病院で検査受けてね」と・・・
病院へ私の症状などをFAXで送り、「2か月くらいで連絡が来て、検査になるでしょう」

検査とは、どうやら内視鏡検査っぽいもの。
要は、お尻からカメラを入れるってこと。
内部を見れば、何か見つかるかも・・・と期待してた。

すると、その日のうちに病院からアポの連絡が来た。
旦那に頼み、折り返し電話して、詳細を聞いた。
医療無料のカナダで、そんな早いと、逆に私の症状はそんなに悪いのか・・・と心配。
そもそも、女医とのアポも、あちらからクリスマス直前に指定された。
せっかくクリスマスパーティーに行きたかったのに、止む無く欠席よ~。
私、どこか悪いのか・・・と心配。

病院からの検査アポも、2週間後を指定された。
検査前に飲むべき、薬というか、下剤。
前日から口にしていいのは、透明なドリンク(水、スプライト、ジュースなど)とゼリーだけ。
固形物一切ダメ。まぁまぁ、かなりの食事制限でした。
そして、その下剤を前日、当日に飲まされ、トイレがお友達状態。

そして、臨んだ当日。
フラフラの中、付き添い必須だったので、旦那さんはお休みを取った。
もうさ、力出ないし、お腹も空っぽだし、早く検査してくれよ~と病院へ。

散々たらい回しにされた挙句、この日は、

スペシャリストとのミーティングだけだった!!

Σ(゚□゚(゚□゚*)

旦那さんにサラッと言ったけど、スペシャリストを紹介されると話してたけど、
病院との電話でのやり取りには、詳細は全く語られなかったらしい。
だから、旦那さんもてっきり検査だと。

マジ、すっごいショックだったの。
あんなに痛い思い(お腹の中を空っぽにすること)したのに、別の日に検査するとなれば、また同じ。
何としても避けたい、あの検査前の準備。

スペシャリストに説明しながら、「私、健康ですから!」と豪語。
まぁ一通り、お腹の緩い事情を説明。

彼曰く、「95%君は大丈夫だと思うよ。どうしてもって言うなら、検査してもいいけど。」
と、一応サプリメントっぽい薬を出してくれた。

そんなもんだ、私のお腹。
病気のレベルじゃない。
ガンなら、体重も減るだろうし。

まぁ、とにかく、もう夫婦2人で忘れたい1日でした。
高い確率で健康なので、ちょっと安心。

今年の目標は、長生きできるように、運動しよう!

ここでお伝えしたいのは、モントリオールでは、
ファミリードクター(ジェネラルドクター)から、紹介されない限り、スペシャリストの医者に会う事はできないって事。
何か症状があったら、とにかく、ウォークインクリニックでも行って、担当してくれた医者から紹介されるはず。

なので、早めに早めに動いた方が良いですよ。

でも、息子が皮膚に問題があった時、皮膚科医と取れたアポは3,4ヵ月後。
もうさ、現状がもっと悪化するか、治癒してるかどっちかのレベルよね。
なぜすぐ見てくれないのか・・・タダより怖いものはないよね・・・
お金払うから、医者へのアクセスが良くして欲しい。

余談だけど、最近、旦那さんの会社では、登録すると、看護師に直接相談できるというのがある。
インフォサンテ811に似たシステムだけど、もう少し近い存在かな。
写真なども送ったりできるようで、子供がいると何かと心強いもんです。

ではでは!



↓↓↓ランキングに参加してまーす

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ


腰痛でフィジオテラピーへ@KINATEX

2017.03.08.Wed.14:07
ちょっと前は妹ケイちゃんが不調、その次は兄ルー君と回ってます。
私と旦那さんは重症にはならないものの、結構綱渡り状態。
お互い、ノドが痛いとか、鼻水が出たり・・・
子どもたちは、もしかしたら、水疱瘡かしら・・・手足口病かしら・・・
どちらも、うちの子なってないので、症状だけで素人判断。
ケイちゃんに関しては、完治してるっぽいけど。
気軽に医者に行けないからね~ここは。
ファミリードクターなんて、名前ばかりだしさ~。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

ところで、先週始めまで、腰痛に悩まされてた私。
20代前半で腰椎椎間板ヘルニア、30代で首の方もヘルニアが判明。
首は落ち着いてるけど、腰は疲れすぎたり、時々痛みます。
寒さもあるのか、冬に多い。

ケイちゃん妊婦後半から、同じところKINATEXへ行ってます。
あんまり、フィジオセラピー(理学療法)とか、オステオパシー(骨、整体)、カイロプラクティックとか区別がつかない。
効果があれば、何でも良いって人です、私。

別に、ここを宣伝するわけじゃないけど、腰痛って誰でも起こりやすい身体の不具合だと思うので、どなたかの参考になれば。
と言っても、大した事は書けませんが。

旦那が最初に行き始めて、じゃ、私も~という流れ。
町の看板をよーく見ると、結構あるんですよ、これ系のマッサージ。
KINATEXは、結構大きいチェーン展開。
だから、高い?
さぁ、それはわかりません。

ただ、うちの町にあるKINATEXは、Dix30(大型ショッピングエリア)に引っ越してから、10%くらい値上げした模様。
以前は、家の近所にあって便利だったけど、設備が古めだった。
なので、胡散臭さが半端ない。失礼。

医者でもないのに、あーだこーだ言う感じ。
でも、Dix30に行き始めて、どのセラピストも真面目だし、頑張ってると感じる。
今まで、フィジオセラピーは3人に担当してもらいました。
(オステオパシーも一度あるけど、超胡散臭くて、もう結構!)
ちなみに、3人それぞれに支持されたエクササイズで、改善されるから不思議。

① 若い新人のお姉ちゃん
② もやし髭男
③ おしゃべり姐さん

妊娠後期、腰がいたくて、出会ったのが、①のお姉ちゃん。
彼女は、1時間ほどのセラピーの半分は、ホット枕でリラックス。
せっかく高いお金払ってるんだから、もう少しマッサージなり何かして欲しいと不満を募らせ、帰宅。

(どこでも、誰とも話す私)トイレで偶然会った女性とおしゃべり。その人からのアドバイス。

「あなたの時間とお金なんだから、不満なら、セラピストを変えるなり、それを伝えるべき。」

という事で、2、3回通った末、改善したので、その事は肝に銘じるだけで終わった。

翌年、ケイちゃん出産後に出会ったのが②。
①よりも、経験が豊富のようで◎
男性だけど、女性のように柔らかい手で、マッサージが上手だった。

その途中、②とのスケジュールが合わず、同チーム(チーム制らしい)の③を紹介された。
この彼女は、大学で教えてる事もあって、上手。
英語も一番上手だし、女性というのも安心。
が、彼女は特別なディプロマがあるらしく、料金が割増し。
まぁ、$10増で確実な効果が望めるなら、文句なし。
それから、彼女を指名。今回も。

・ ちなみに、歯医者さん同様、ドタキャンはキャンセル料かかります。
最初の問診票記入時に、サインさせられました。
キャンセルや変更は、24時間前までならOK。

・ 初回は、Evaluationというのかな、1時間半くらいかかります。
何が問題・原因かを探るので、問診から入ります。
次回からは、通常通り(!?)の約1時間の治療。

・ あ、動きやすい服装がベターです。
私は腰なので、スポーツ用のショーツ(部屋着でも何でも)持参して着替えます。
なければ、貸してくれますが、誰かが着たものです。 

・ エクササイズは、メールしてくれる。
口頭で、ざぁっと説明されても、覚えてられない内容。
自分でサイトにアクセスして見るんだけど、たぶん数ヵ月でアクセス不能になります。
旦那はメールされてたけど、私は③の人まで送ってくれもしなかった。
絶対送ってもらった方がいいね!

・ 当たり前だけど、また来るよう指示されます。
①のお姉ちゃんが一番勧誘された。お客(仕事)が欲しいのかな。
②③も、あと1,2回はおいでねぇ言われ、終了。
そう、悪化するか、痛みが改善されない場合は、行く必要があるよね。

ケベック州の保険ではカバーされないので、プライベート保険を利用。
それでも限度額があるので、私は必要な時だけ。
ケイちゃんを預けなきゃならないし、必要最低限。

そんなわけで、来週もう一度行ってきます。
だいぶ改善して、時々痛みを忘れています。
そして、私、姿勢が悪いんですねぇ。
自分でわかってるので、それも気を付けないと。
あぁぁ・・・腰痛とはうまく付き合っていかないとね。

あ、参考までに料金も。
初回は、$90~$100+税金
通常は、$80~90+税金

こんな感じでした。参考までに。



↓↓↓ランキングに参加してまーす

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ


インフルエンザ予防接種 Flu shot

2016.11.21.Mon.12:39
んんん、左腕が重い・・・

今日は、インフルエンザの予防接種に行ってきました。
いろいろ言われる予防接種だけど、私的には、政府が行ってるなら大丈夫だろう…
という、長い物には巻かれろってタイプ。
でも、日本で起きてる「子宮頸がんワクチン」の問題、知っていますか?
それを考えると、自分の身は自分で守らなければ、と強く思うところ。


とにかく、無料だし、万が一に備えて…ですね。
あまり詳細は不明ですが、無料で優先的に接種できるには条件があります。

わが家の場合、ケイちゃんが生後16ヵ月なので、家族全員接種できました。

・ 6ヵ月から23ヵ月の赤ちゃん
・ 6ヵ月に満たない赤ちゃん自身は接種不可能なので、その家族が受けられます
・ 妊婦さん(第2トリメスター、第3トリメスターのみ)
・ 60歳以上

他にも詳細があると思いますので、必要な方はご自身で調べるか、お近くのCLSCへ。

2年前は、妊婦でしたが、第2トリメスターに入ってなかったので、旦那さんとルー君だけが接種。
昨年は、ケイちゃん4か月だったので、その家族が接種。
これらの場合は、CLSCで予約ができ、待ち時間もさほどありませんでした。

が、ルー君が2歳の時、その優先予約がありませんでした。
大きい会場に、ただ人の波…列に並び、ひたすら待つって感じ。
あの頃、人がいっぱいいる所が極端に苦手だったルー君は、ギャン泣き。
会場に入り、列に並ぼうとした矢先に、始まってしまったギャン泣き。
あの年齢は難しいよね…まだ言葉わからないし、状況も呑み込めないし。
係員の人もさすがにうるさいと思ったのか、幼い子連れとして扱ってくれ、
その会場内の優先レーンに通してもらい、無事接種。

翌年は、近所の薬局で有料で接種。
1人$10だったかな。
子どもは、$5かな。少し安かった記憶あり。
あんな大変な思いをするなら、安いもんです。
ただ、2歳からは鼻から接種が可能なのだが、鼻用の薬がなくて、細い腕にブスッでした。
が、ルー君不思議と泣かなくて、割と神経は図太いのか…と思ったり。

来年からはどうなるのかな・・・
あの悪魔のような大行列に並ぶのか…それともシステムが変わった!?
でも、やはり一部の人だけが無料みたいですね。
小さい子どもや老人には優しいみたいです。

ちなみに、生まれて初めてインフルエンザを接種する場合(うちのケイちゃん)は、2度打ちします。
4週間後に再度予約を取って、接種しないと効果はないようです。

明日から冬本番です。
しっかり準備をしておかないとなりませんね。



↓↓↓ランキングに参加してまーす

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ


コンタクトレンズを買う@Costcoコスコ

2016.01.31.Sun.13:36
やっとコンタクトレンズを買ってきました。
皆さんは、どこで買ってるのかしら?
ネットショッピングかしら?
友だちとも、そんな話題した事ないなぁ。


日本でコンタクトレンズを買うのは、とても簡単。
ちょっと大きめの駅前でチラシやティシュ配布は当たり前。
新宿のアルタ(今はなき、笑っていいともで有名な)辺りを通ると、3,4店舗のチラシが手元に。
それを見比べてると、客引きがやってきて、ぜひうちへ~みたいな。
今なら、こんな特典お付けしますって感じ。
一応、眼科医の処方箋がないと買えないのでしょうね。
そういう所にいる眼科医って、微妙で、怪しい。
眼科医が在中しているか、同じビルの眼科医を紹介されるシステムがほとんど。
まぁ、お安く購入できて、その当時は良かったかな。
今は、みんなネットなのかな。


カナダに来てから、ネットで買うのもちょっと勇気がいるような。。。
今まで店頭購入しかしてないし、できれば眼科医に診てもらいたい。
ここ2,3年、目が疲れやすく、ピンクアイ結膜炎のようになりやすい。
最近は、これまたドライアイで、レンズが曇ることも多い。

Costcoでは、以下が必要。
・ そのお店で私のファイルを開くのに、80ドル(確か)
・ 眼科医のチェックアップに、75ドル
・ コンタクトレンズ代

処方箋がないと購入できない。
定期的に眼科医によるチェックアップが必要。
処方箋には有効期限があり、その期限内なら何度でも購入可能。
以前は2年ごとだった私。今回、目のコンディションが悪く、1年となってしまった…。
しかも、右目の度数が、急激に低下。

私は毎日必ずコンタクトをする。でないと、落ち着かない。
車の運転や目を使うときは、コンタクトが安心なのです。

現在、1ヶ月の使い捨てを愛用中。
が、日本で全く同じメーカーの、同じ名前を使っていたのに、なぜか2週間の使い捨て。
全く同じなのに、カナダでは1ヶ月ってどういう事だ?

とにかく、2週間の使い捨てに変えたい事もあって、ほぼ使い切った今日が待ち遠しかった。

受付後、アシスタントみたいな人が、目の状態を検査。
今までに経験のない新型の検査でした。

その後、眼科医による、検査。
そして、度数チェックなど。

眼科医の支払い。75ドル

カウンターで購入。プロモーションで120ドル(1年分)


カナダに来て、なぜ買う前に、ファイルを作るために、お金が発生するのか意味不明。
これは大手のNew Lookでも、同じようにあり、それなら安心のCostcoで買おうと決めたのでした。

目に異常が出やすくなったので、眼科医に診てもらいたいので、
チェックアップにお金と時間がかかっても、今の方が安心。

しかも、日本の適当眼科医(格安コンタクト販売の)に比べて、しっかり見てくれます。
今日も結膜炎でないかをすぐ調べてくれて、安心。
ドライアイだから、
・ 長時間装用しない
・ 目薬を日に3度使用
・ ケア用品はClear care使用


その前に、わかりにくい言葉。
Optometrist 検眼医(私が言う眼科医)
Optician カウンターで販売する人



そして、ここからが、オプティシャンの出番。
Costcoでは、トライアルのレンズをいつもくれます。時には2種類。
(眼科医は検査して、度数を出すまでが彼女の仕事のようです)

そして、「1ヶ月用」から、「2週間用」に変えたい旨を話す。
すると、2週間用にプロモーションはなく、ちょうど1ヶ月用がプロモーション中だから、
それを購入し、2週間ごとで使った方が安いと教えてくれた。

その時、レンズを外してたし、彼女の言う事、コスコだし、そのまま購入。

ちなみに、度数は、
右  -3.75 (以前は-2.75)
左  -2.75

オプティシャンの勧めで、右は-3.00へ。
片目を急激に変えると、バランスを崩すから、という事。

そして、これらのトライアルをもらい、
「これを使って、問題なかったら、これらの箱を開けて使って。合わない場合は、返品・交換に来て」との事。

以前にも、続けて2回くらい交換してもらったりして、結構親切なので、ありがたい。
一般的にお店の人はバイリンガルだが、今日のオプティシャンは2回も「英語が下手でごめんなさい」と言ってた。
こういう言葉を聞くと、心がほんわかしてまう。

という事で、明日から新しい度数のコンタクトレンズを使います。
かなり強く感じ、違和感が出るだろうけど、早く慣れますように。

眼科医おすすめの目薬も、今、コスコでプロモーション中なので、明日買いに行こうっと。
明日は、みーんなで行って、ランチ@コスコですわ。
あああ、もう夜11時30分。。。
最近はケイちゃんが朝まで寝てくれるので、ありがたい。
とは言え、今日は昼寝が足らず、ぐずり気味だったし、明け方起きる可能性高いなぁ。
おやすみなさい。。。

↓↓↓ランキングに参加してまーす

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ


カナダで帝王切開出産 1

2015.08.28.Fri.12:54
私の帝王切開での出産を記録しておこうと思います。
興味のない方、スルーしてください。

Kちゃん (長女)
2015年7月7日 午前10時7分 誕生
3,770g 元気な女児
妊娠 38週6日目


長男のルー君(2011年9月)も、帝王切開での出産でした。
原因不明の出血が続き、医師の判断は陣痛促進剤投与。
3時間いきんで出産を試みた後の緊急帝王切開。38週でした。

3時間、3時間、3時間ですよー。
「うーうーんーんー」と頑張ったのに、ルー君の頭は大きく(パパ似)、出てくる事はなかった。
看護師さんが手鏡で、「ほら、もう頭と髪が見えてるでしょ、がんばってー」と言って、見せてくれました。
陣痛の合間に、フサフサの黒髪が見えたのに・・・

それから約4年経過しているので、自然分娩を試みようと思いました。
が、主治医と「女児とは言え、頭も身体も大きめ。
39週までに陣痛や破水がなかったら、帝王切開で出しましょう」と決断。
そして、何事もなく予定帝王切開の当日を迎えました。

まず、1週間ほど前のある日、朝8時過ぎに病院から電話連絡がありました。

・ 7月7日朝6時30分に病院の受付へ

・ 持参するもの: 病院診察カード、保険証(maladie card)、その他入院に必要なもの一式

・ 前日の深夜12時から、絶食。No drink, No food, No medication

・ シャワーの後、顔や身体に一切に何もつけない。 No cream, No lotion

・ コンタクトレンズは外す。(手術中、メガネもダメだが、プラスチックなら大丈夫かも。)


あと、今回言われなかったが、マニキュアなどもダメだと言われた記憶あり・・・
その他、名前、連絡先、旦那さんの名前、プライベート保険の確認など


という事で、急に眠くなってきたので、今日はこの辺で。。
最近、バッテリー切れのように、急に身体がふにゃぁ~となってしまうんです。
歳のせいでしょうかね・・・

↓↓↓ランキングに参加してまーす

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ


 | HOME | Next »