おすすめ絵本 よるくま

2014.01.26.Sun.20:57
今日もマイナス15度、体感マイナス25度。寒っ。


最近、絵本について書いてなかったので、綴っていこうと思います。

毎日絵本を読んでますが、これはおすすめですよ~。

絵本マニアの友人がいるのですが、彼女がふっと教えてくれた絵本でした。

それを日本にいる姉に、ルー君のクリスマスプレゼントに送ってくれと頼みました。

そんな姉も2歳の息子に読んでいました。

これは期待できるっ!!

それがこちらです ↓↓




ストーリーは、

「ママあのね…きのうのよるね・・・」
男の子がベッドでお母さんにお話します。
ママに見つめられながら少しずつ眠りに誘われていく1日のうちで一番穏やかなとき。
昨日の夜、ぼくのところにやってきたくまの子「よるくま」とぼくの一夜のお話。
いなくなってしまったよるくまのお母さんを一緒に探しに行く冒険物語。
(アマゾンより抜粋)


私の勝手な感想

× 絵全体に「黒」配色されており、暗い感じ(←私の最初の感想)


◎ 本の大きさも、大きすぎず、小さすぎずでちょうど良いサイズ

◎ 絵本ナビでも特に2歳児に好評

◎ 1ページ内の言葉数は多くない(なので2歳児前でも楽しめると思います)

◎ 寝る前の絵本に最適

◎ 「おまえはあったかいね ああ あったかい きょうは このままだいてかろう」という部分が好き
  (ついつい、子どもをむぎゅーっとしちゃいます)



ルー君の反応(2歳3ヶ月)

ちょっと暗そうな絵本と思った私とは大違いで、友人の言葉通り、子どもは好き!

初めて読んだその日から、「もっと、もっと」を繰り返し言います。

最近は落ち着きましたが、始めの3週間は毎日2,3度読んだ本。

短いので、何度も読んでも苦になりません。


ルー君の場合、絵本読みと「これ何?」と指差し確認が始まるわけで・・・

余分な背景が少ないせいか、集中して見てくれてます。


これは、かなりおすすめの絵本じゃないか、と思ってます。

薦めてくれた友人に、姉に感謝です。ありがとう!

↓↓↓ランキングに参加してまーす

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ


コメント

管理者のみに表示