【数字の絵本】 数の教え方を考える

2014.04.01.Tue.11:02
ルー君 2歳6ヶ月

数字を気にするようになってから、ずいぶん経つ。

でも、未だに「数」というものがわかってない様子。

photo 5

トーマスが好きなので、買ってみた本。

食いつきは良く、寝る前に読んで~と言ってくる。

読むというより、絵を見ながら「これ、何?」の質問の嵐。





トーマスのこんな本。

全部英語なんだけど、韻を踏むフレーズで作られてる。
(funとoneの部分)

Here comes Thomas, having fun,
“Peep! Peep!”He is Number One.



最初は、これを見ながら、

出てくる列車の名前と数字を覚えていった。

トーマス①、エドワード②、ヘンリー③・・・、ダグラス⑩という感じ。

これは、私にも良い勉強になった。

どっかしらで数字を見つけると、喜んで「④ゴードン」とか「①トーマス」と叫ぶ。

特に、スーパーのチラシ、電話番号、車のナンバープレートなど。



①=いち、②=に、③=さん・・・

というのはわかるのだけど、

「これ、いくつある?何個ある?」

っていうのが、わからないみたい。

一緒に指差ししながら、数えてみるのだけど、いまいちな反応。


極めつけは、本箱をひっくり返し、1人でお片づけ。

1冊ずつ数えながら、箱に戻す作業をモクモクとするルー君。

なぜか、日本語で・・・「5、6、7、10、7、6、8・・・」と。

まぁ、ただ数字を良いながら、本を入れてく。

基本、独り言はフランス語なので、日本語だと嬉しくなる私。

だけど、怪しい数え方に、夫婦で首をかしげた・・・

私たちには当たり前の数字。

この当たり前を教えるのって、結構難しい・・・

↓↓↓ランキングに参加してまーす

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ


コメント
No title
小さな子供に数字を教えるのって難しいですよね。
一歩進んだかと思うとそれ以上に後退。
でも子供の力はすごいです。
いつの間にかスラスラ出来るようになりますよ☆
Re: No title
biyoさん

コメントありがとうございます。
そうですね、子どものすごさと、柔軟さには、ビックリします。
まだ始まったばかりですが、課題山済みと言った感じです。

主人とは、感情はどうやって説明できるのか・・・と考えてます。

うちの子がスラスラと日本語を話す日はやってくるのでしょうか・・・
No title
すいません。昔の記事に(こちらも)コメントを
入れて…。
補習校で幼稚部年中少の担任をしています。
数が数えられる、ということと物の数を
認識する、ということは全く別のことだと
感じます。
20までスラスラ呪文のように言うのに
実際に「シールを3枚とってね」という
指示は理解できない、ということが起こります。

実体験と結びついて腑に落ちた時に
今まで呪文のように唱えていた数字と
目の前のものの数が一致するので、まだ
焦らなくてもいいんじゃないかな、と思います。
Re: No title
こんばんは。

オハイオには、補習校の幼稚部というのがあるのですか?
そこでAzさん教えてらっしゃるとは。
そんな方に、アドバイス頂けてうれしいです。

何か安心しました。
そうですね、実体験をして理解していくんですね。
全てが微妙なわが子。
不安な中、楽しみでもあります。
ありがとうございました。

管理者のみに表示