カナダへ移住を目指す その1

今回は、私のカナダ移住までをまとめようと思います。
(そんなの不要と思う方、スルーしてください)

最初の記事(こちら☆)は随分経ってしまいました。
もっと教えて欲しいというメッセージを頂いたのに、私事で間があいてしまいました。
その方が読んでくれると嬉しいのですが・・・

Googleなどで、「カナダ」「移民」「移住」と検索するといろいろヒットすると思います。
それをビジネスにしてる会社もあると思いますが、移民申請は自分自身でできます

あの時、ワークパーミット(労働許可証)があったからかな・・・
毎年2ヶ月だけのワークパーミットがもらえ、モントリオールに来てたからかな・・・
でも現在、仕事らしいことしてない私が、ですよ。
もちろん、弁護士費用など一切無用
高い学費の学校に行かない!
いかに安く済ませるか!



あるサイトからの抜粋。

カナダ永住権取得者のは、年間約20万人。
そのうち、個人移民は約12万人。その中に、日本人は約600人だそう。
カテゴリー別に申請となります。

1.投資移民 Investor category
2.個人技能移民 Independent skilled worker class
3.個人技能移民 Federal skilled trade class
4.カナダ経験者クラス CEC Canadian expericence class
5.企業家移民 Entrepreneur category
6.自営業 Self-employed category
7.家族移民 Family clasee

これ以外に、私の住むケベック州は独自の審査基準(Quebec selection)を持って、多くの移民者を受けています。
私は、モントリオールが好きだったので、こちらに申請をしました。
Quebec selectionをパスすると、ほぼカナダの審査も通ると聞いています。

探していたノートが見つかったのですが、日付やどんな書類を送ったか・・・程度のものでした。

何が大変って、書類を申請するまで!が一番大変。
申請してしまえば、あとは待つだけ。
すると、忘れた頃に面接の連絡、パスポートリクエストが届くんです。

ここの「隠れてカナダ移民方法」という事で、敬遠されがちなケベック州の移民について書いてあります。
http://www.qlseeker.ca/quebec_program/

日々変化する移民法、時代が変わってきたのかな・・・

という事で、次回、その続きを書きます。

更新の励みになります。ポチッとね↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村





Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.10.17 (10:19) by () | [編集]
Re: 移民について
nanaさん

ブログ読んでくださり、ありがとうございます。

こちらを通して質問を書いてくださると嬉しいです。
もしかしたら、他の方も同じ事を知りたいかもしれませし。
質問は、「管理者のみ表示」を選んで頂いても結構です。
ですが、私も移民して4年経つので、情報が古いと思われます。

年々、移民するのも難しくなると言われています。私の時もそうでした。当時、仏サルコジ大統領がフランスへの移民枠を大幅に減らしたので、ケベックにそのシワ寄せがくると言われてました。でも、思い立ったら吉日、がんばってください。
Posted at 2014.10.18 (03:34) by Lubu (URL) | [編集]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
スポンサーリンク
プロフィール

Lubu

Author:Lubu
大好きなモントリオール移住6年目。
フレンチカナディアンの旦那さん、
子どもの2人兄妹と愛猫ルブと共に幸せ満喫中。
それなりに悩むアラフォー主婦。

わが家の宝物
最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ありがとう!
ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Merci!