2014-04-09(Wed)

カナダへ移住を目指す その3

カナダへ移住を目指す その1
カナダへ移住を目指す その2

役に立つかもしれないと思ったら、ポチッとお願いします。
こちら⇒ 海外生活ブログ カナダ情報

前回記事の補足説明です(ダラダラ文章ですいません)

・移民局のサイトは、本当に舐めるほど見ました。最後の方になって、やっと要領が掴めてきたけど、もっとシンプルなサイトを作れないのだろうか・・・と疑問。英語勉強していたけど、何も身についてない・・・学生時代にもっと勉強しておくんだったと後悔すること、何百回・・・

・私は、2006年~2009年の毎年8月中旬~10月中旬の2ヶ月間のみ、WPを受けて従事しています。
⇒ 私の人生のカナダ滞在はほとんどケベック州で過ごしています。ワーホリ1年とWP2ヶ月×4シーズン。ケベックは特殊な州(ご存知ですよね?)なので、これは良かったポイントだと思う。ケベック州から移民権を取得し、他州へ流れる可能性が低い。


・通常、面接後に、追加書類(健康診断など)提出&全てパスした後に、パスポートを送付する。
が、私の場合は、追加書類とパスポートリクエストが同時だった。これが厄介だった。

当時、モントリオールにいたので、Mont-RoyalとSaint-Laurentの角のクリニックにて健康診断 medical checkを受けました。結果は、クリニックから直接移民局へ送るとの事。
が、1ヶ月経っても、音沙汰無し。この時、私が怠った行動は・・・受診後、クリニックにちゃんと送付したかの確認をしなかった事。アホ医者は私が電話で文句を言うまでの1ヶ月間、デスクに置きっ放し状態だった。怒。(泣いたーあの時は)

そのせいで、5月の帰国にパスポートが間に合わない可能性が発生し、モントリオール領事館様に多大なご迷惑をおかけしました。理由を話すと、手段を見つけてくれました。モントリオール領事館の人々はとっても親身に対応して下さる方が多いので、安心です。前々日にパスポートが届き、無事に日本へ帰国。


・2009年1月末に申請して、2010年6月にビザ付きパスポート受領まで、約1年5ヶ月で完了。途中、面接の変更や、健康診断の不運がなければ、もっと早く完了していた事でしょう。
それに、2008年8月の時点で、申請書類一式出来上がっていたので、早く申請していたら、もっと早かったのにな・・・と思い返します。でもね、決心がつかなかったんですよ。

いろいろ悩みました。
こんな大変な、面倒な思いして、モントリオールに住みたいか?
ここに移住して、どうする?何ができる?仕事見つかる?結婚は?

そんな時、同じように申請してる友人らに聞きました。

申請が通ってから、考えればいい!

これは、目が覚める言葉でした。

何て言うのかな、もうこんな年齢だし・・・
日本でもっと仕事する、結婚相手見つける、子ども産む・・・
って、考えた、考えた、考えた。
でも、人生一度きり、やってみようっと再び決心したんです。

で、全書類を出そうとした矢先に、今の旦那さんと付き合う事になり、
気持ちは楽になりましたね、目標というか。

今となれば、結婚するなら結婚移民でも良かったじゃんって思うんだけど、
あの時は、この人と結婚するなんてこれっぽちも考えてなかった。

でも、自分で移民申請した方がずっと早かったし、
自信にも繋がったので、結果オーライです。


何か、自分の人生をちょっとさらけ出してるようでイヤですが、誰かのお役に立てれば嬉しいです。
この記事は、いつか削除するかもしれません・・・。

では長くなりました。
最後は、申請書類についてレポします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

☆ショッピング☆


スポンサーリンク
わが家の宝物
プロフィール

Lubu

Author:Lubu
大好きなモントリオール移住6年目。
フレンチカナディアンの旦那さん、
子どもの2人兄妹と愛猫ルブと共に幸せ満喫中。
それなりに悩むアラフォー主婦。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ありがとう!
ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Merci!