2014-05-26(Mon)

初めてのすり傷

今日は良い天気だぁ~
日かげは涼しいけど、日なたは暑い・・・ジリジリくる。


ルー君 2歳7ヶ月(たぶん先月なので)

転んですりむく事はあったけど、泣き出すほどの事はなかった。
が、先日、すっごい勢いでこけたルー君。

その場所は、グランパ(義父母)の家のガレージ(車庫)
今日もグランパ宅に行ったけど、一番好きなところはガレージ。
そこにいっぱい、芝刈り機、雪かき機などの大きな道具が置いてある。
それを押したり、引いたり、コードを出しては巻いての繰り返し。

そのガレージ内の水はけで、大きく転んだ。
いつもは大きな板が敷かれているのだが、ガレージ内のペンキや改修工事をして、外されていた。

そこに大人なら当たり前に避ける水はけなのに
ルー君、前を向いて(下は向かない)走り始め、思いっきり足をつっこみ、転び、ビショビショに濡れたのでした。
大人4人がそこにいたのだけど、みんな唖然・・・

泣くまでに数秒・・・
すっごい音、水濡れた驚き、そして、ヒシヒシと伝わってくるヒザの痛み。
「ボボー、ボボー」(痛い、痛い)泣き叫びながら、のたまわった。

突然の叫びとは裏腹に、私は「ボボー、ボボー」というルー君に笑ってしまった。
だって、かわいいかったー。
一生懸命、「ここが痛いんだよー、ここが!!」って、訴えてた。

ケベックでは、ボボ=すり傷、傷口を指します。
そして、「ベケボボ」と言って、その傷口にキスをする。
すると、痛いのがなくなる!って言われて、みんな育つみたい。
べック=キス なので、それを動詞っぽく変形したようです。
日本で言うと、「痛いの、痛いの、飛んでけー」って言いませんでした???

DSC_8679.jpg

もう、ほとんど傷口見えないけど、すり傷がうっすらと。
あー、ルー君に悪いけど、本当にかわいかったんだよね。
同じ泣くでも、グズる涙と、あの痛くてパニックになってる時の涙は全然違う。
演技じゃなくて、ガチで痛かったのだろう。
それより、ビックリの方が強かったか。

ところで、まだ寝る前にオムツにテープ巻いてます。
その時の記事はこちら☆
ダックテープよりお安い荷造り用に変えました。
DSC_8680.jpg

あーオムツ取れる日が来るのかな・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

☆ショッピング☆


スポンサーリンク
わが家の宝物
プロフィール

Lubu

Author:Lubu
大好きなモントリオール移住6年目。
フレンチカナディアンの旦那さん、
子どもの2人兄妹と愛猫ルブと共に幸せ満喫中。
それなりに悩むアラフォー主婦。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ありがとう!
ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Merci!