中国系住人と共存するとは

昨日、近所の新規オープンの中国系レストランへ行った。
新聞広告のチラシで知った。

先週の金曜から3日間限り、ランチ・ディナーのビュッフェが半額!
これはご近所様だし、行かなくては!

土曜日、旦那さんの友人と一緒に出かけた。
17時開店で、17時30分ですでに長蛇の列。
すぐ諦め、ケベック定番のBBQチキンのお店へ。

翌日の日曜(昨日)、モントリオールでの用事早めに済み、
あのレストランへ再び行った。
ランチ11時開店だが、到着したのは10時40分。
んんん、すでに10名ほど待ち。
その時点でビックリだが、開店するまでにその人数は30名ほどに。

わかります?

中国系の人って、並ばない&横入りは堂々と・・・
我が物顔で入ってくる。
まぁ、家族だから、友だちだから・・・って言われたら、
んんん・・・わかるような、わからないような。
でも、彼らには決して理解できない屁理屈だろうな。

もう一番前に並んでた人が見えないほど・・・
入口に群がる、自分主義な人たち。
これは自国ではいいけど、移民してきた他所の国ではいかがなものか。

でも、私の住むエリアは、『新モントリオールの中華街』と呼ばれる。
一昔前なら、モントリオールの中華街まで行って買い物&食事していた。
が、そこは、もう小さく、古く、臭く、少ない観光客などでまかなってる。
今じゃ、この郊外のこちらの方が、駐車場も広くて無料。
レストランも大きいし、アジア系にとっては良い生活環境。

あ、話が逸れた。。。

そんなレストランで、早くから並んで入店できた私たち。
ビュッフェ式レストランとは言うものの、オーダー制。
紙に手書きで、「○番のものを○人前」と言った具合。
正直、どんな量かもわからないし、注文するしかない。

これだけ混んでいるのに、若いサーバーばかり。
店主らしき人はおらず、髪も束ねてないサーバーだっている。
そして、予測はしていたが、注文したものが来ない。
間違って持ってくる。
サービスは最悪だが、個々のサーバーは普通。
味?普通です。

だって、味わってるヒマなかったんだよ。

何って、話が長くなりましたが、、、

レストランの外で、並んでるお客同士が罵倒しあってる
しかも、大声で。
中国で叫んでたかと思うと、英語になったり。。。。
どうやら、入店の順番で揉めてる・・・

おいおい、子どもじゃないんだから。
みんなお腹すかせて、腹立つ気持ちもわかるけど。

何せ、すぐに食べられるビュッフェ式なら回転率がもう少し早いかもしれない。
が、とにかく食べものが来ないから、満腹にならず、帰れない。
最悪でしょ~

しかも、ゆっくり食べようにも、すぐ後ろから
罵倒する声が響く・・・

中国系 VS どっかの国の人

どっかの国の人は、店内に入って、サーバーに事情を説明し、
それは横入りを止めさせるように、レストラン側から説明を願っていた様子。

が、さらに勃発!

かなり怒鳴りあいが続き、な、な、な、なんと

警察がやってきた・・・

どうやら、整理券を配布し、それを持った人が優先的に入れるようにしたらしい。
が、その彼は整理券を理解してなく、持ってない。
並んでいるのに、なんで後から来たグループが先に入るのか・・・らしい。
きっと、中国語だけで説明してたんじゃないかな・・・
が、詳細は不明。

お互い、空腹もマックスだろうに、聞く耳持たず・・・
誰も逮捕される事はないが、こんな事に巻き込まれる警察も大変だ。


カナダ全土に中国系は多い。
何人?知らないけど、この町にはかなりの人口というのは周知の事実。
以前、ラジオで、香港とモントリオールのカジノを比較していた。
たぶん、香港の方が人が多く入ってるという事だろう。
すると、「それなら、○○○町(うちの町)に作ればいい」と、ここでは常識レベルの多さ。

カナダの移民省も、中国からの移民の多さを懸念している。
すごい勢いで増殖というか、人口が膨れ上がる。
ケベックのような人口が欲しいところには持って来いなんだろうけど、
社会の秩序が変わってくるような気がする。

ここにいる年配の人。
英語もフラ語も話せる人も多いが、中国語だけで生活してる人はもっと多いはず。

聞いた話だが、移住してきた若いカップルは、カナダ籍を取得し、仕事も家も落ちついたら、
すぐ彼らの両親や親戚をカナダに呼び寄せる。
そして、子どもの世話は祖父母に任せ、両親ともに働く。
真面目に働く彼らは裕福になり、家族も多いので、大きい家に一緒に住む。
この辺りの家の価値が高くなるのも、彼らの移住があるのかなぁ。。。

そして、そんな祖父母は移住申請が降りるまでに何年もかかるらしい。
3,4年?もっと?
が、それまで医療保険はカバーされるようで、孫と一緒に生活できる。
しかも、この先進国カナダで、万々歳なのかな・・・
そんな祖父母が英語?フラ語?ムリでしょ。
彼らは余生を孫や子どもと向かえるためにやってきたのでしょう。
別の意味で考えると、税金を払えない(収入がない)人のための、
年配の医療保険も高くつくだろうし。
(この点は、私もそうなんですが・・・いろいろ手術を受け、功を受けてます)

中国系の家族とのつながりは、昔の日本を感じさせ、いいなぁと思ってしまう。
でも、私の母がそうしたいか?
ないね。
やはり日本は良い国。
いろいろあっても、生まれ育った日本で、住み慣れた町で暮らすのが母の願い。


ここでの生活好きなんだけど、やはり中国系に間違われるのは気分良くない。。。
でも、私がパートで働いてるレストランでは、お客さんの半分は中国系。感謝。
そして、日本食も比較的簡単に手に入る事にも、実は、日々感謝してる。
そう、うまく共存していくことが大切なんですよねぇ。

更新の励みになります。ポチッとね↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村





Leave a comment

Private :

Comments

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
スポンサーリンク
プロフィール

Lubu

Author:Lubu
大好きなモントリオール移住6年目。
フレンチカナディアンの旦那さん、
子どもの2人兄妹と愛猫ルブと共に幸せ満喫中。
それなりに悩むアラフォー主婦。

わが家の宝物
最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ありがとう!
ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Merci!