2015-02-06(Fri)

歯(親知らず)について考える

最近、歯が痛いんです、私。

いつも旦那さんと同じベトナム系の歯医者さんに行ってたのですが、
この人、恩着せがましいというか、高額治療を薦めるような人みたいなんです。
年末に歯がどうしても痛くて、緊急で違う歯医者さんへ。

どこへ行ってもビックリされる、私の銀歯。

これは、私の世代がばれてしまうのでしょうか。
でも、保険でカバーされる銀歯を選んだ人は少なくはないと思うんです。
先進国の中で、日本人くらいなんだとか・・・
カナダ人にしてみたら、現代でお歯黒してるようなものなんだとか。

で、今回もじっくり歯科衛生師さんにクリーニングされながら、驚かれました。

「それにしても、よく出来てるわね、この銀歯。
歯とのつなぎ目が全くないし、歯茎も良好。
この技術は素晴らしい。」

私もいずれはセラミック(白い歯)に変えていきます!



そして、親知らず についても聞かれました。
あるか、ないか?
訳あって、レントゲン撮ってないので、彼らにもわからない・・・

で、旦那さんにふと親知らずの話をすると・・・

私 「親知らずないんだよね、私」
彼 「いつ抜いたの?」
私 「え?だから、無いんだって、生まれた時から」
彼 「それは、ありえない」

先日、彼の両親と会った時にもその話をしたら、
義父 「お前は賢明ではないのか?」(笑いながら)
トイレで数えたら、やはり、上下14本ずつ。
やはり、無い。

ビックリしたのは、彼らも親知らずは誰にでもあるもの、という認識。

英語で wisdom teeth
フラ語で dent de sagesse

どちらも、賢明さ、思慮分別があるというような解釈。
日本語では、あまり嬉しくない響きの親知らず

語源は、10代後半から20代前半で生える人が多く、
乳児の歯の生え始めとは違い、親がこの歯の生え始めを知ることはないんだそう。

私は、歯医者さんのレントゲン撮影後に「親知らずがない」と言われたので、無いと思う。

でも、奥歯が痛いのよね・・・
この痛みが続くなら、やはりレントゲンを撮ってもらおうと思います。

あ、ちなみに、私のように親知らずがゼロで生まれてくる人も、25~30%はいるようです。
日本語で調べたので、日本人だけ?って事はないだろうけど。
今度、歯医者さん行ったら、ウラを取って来ます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

私は親知らず、3本のみでした。現在虫歯治療の通院していて、高額な白いかぶせ物が一本30万円との見積もりだったため、ぎんぎらのになる予定で憂鬱です。  いっそ仮詰めの白いプラスチックのままでいたいくらいです。

Re: No title

mariさん、こんばんは。

>いっそ仮詰めの白いプラスチックのままでいたいくらいです。
笑いました!

長い目で考えると、セラミックの1本30万円は高くないと聞きます。
それでも、陶器なので歯ぎしりなどで割れる可能性もあるようです。
私はすでに「ぎんぎら」ですから、ゆっくりセラミックの白い歯を手に入れたいなぁと思います。
日本でもカナダでも、セラミックは保険適用外。
正直、結婚して、子どもいて、自分の歯に回ってくるお金があるのでしょうか・・・。

No title

Lubuさん こんばんは。セラミックの技術の発展は素晴らしく、患者の身体的負担が銀色の詰め物、かぶせ物を装着するよりうんと楽になっています。  もう憧れの域だったりします。。。お金持ちだったなら、迷わず(セラミックでお願いします)と言えるのに。。。と。
セラミックの見積もり30万を言い渡された日、宝くじ買っちゃいましたもん、わたし。当たらなかったので銀のかぶせ物でお願いしますって先生にいいましたけど:(
長い目で見て質の良いセラミックを選びたいのはやまやま、、でもすぐに用意できるお金も無く。。。もう少しなんとか、良心的に歯科治療が受けられる世界になるといいですね。
ところで、根治お疲れ様でした。私は最近根治したり、親知らずを抜歯したり、歯科治療について経験値をあげまっくっている歯科治療恐怖症なもので歯が痛いと聞くと自分のことと重ね合わせて心配になってしまいます。
どうか無事治療が済み早くLubuさんの気持ちもスッキリしますように!
お大事になさってください。

Re: No title

mariさん、こんばんは。

1本30万円って・・・ちょっと勘違いしてました!白い歯を手に入れるってそんなに高いんですか?
日本には、セラミックにも種類があり、特性もあるようです。セカンドオピニオンはしてみては?
30万するなら、私も銀歯を選びますね。劣化があり、数年置きにお手入れが必要とは言え、これで長年、多くの人が利用してきたもの。でも、期待できるかもしれませんよ、こんなに違う値段、おかしいですもん。
日本は価格競争が激しいので、例えば、脱毛や視力のレーシック治療を見ても。
だから、いつか価格競争で、大きく値段が変わるかもしれませんよ!!

ふと、カナダで私の銀歯を治療できる人がいないって事なのかしら・・・と思い始めました。
という事は、問題があったら、セラミックにせざるを得ない・・・旦那に刺されそうな事実です、これは。笑。

おかげさまで歯の痛みはおさまりました!
今は、鼻水の臭いです。
今度は、日本の耳鼻科に飛んで行きたいです。
病院通いしないって、素晴らしい事なんですね!
mariさんも、無事に歯科治療終えられますように!!

☆ショッピング☆


スポンサーリンク
わが家の宝物
プロフィール

Lubu

Author:Lubu
大好きなモントリオール移住6年目。
フレンチカナディアンの旦那さん、
子どもの2人兄妹と愛猫ルブと共に幸せ満喫中。
それなりに悩むアラフォー主婦。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ありがとう!
ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Merci!