2016-05-10(Tue)

スリープトレーニング

これは、友人のために書いてみようと思います。
兄ルー君、妹ケイちゃんをスリープトレーニングしての経験からのものです。
自己流も入りますが、これって、藁にもすがる思いですよね、きっと。
参考にしてみてください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

スリープトレーニングを知っていますか?
日本では、「ねんねトレーニング」(ねんトレ)と呼ばれてます。

添い乳や添い寝、抱っこで寝かせたりをやめて一人で寝られるようにするトレーニングです。

北米では、赤ちゃんが一人でベッドに寝る事は、普通だと思っています。
日本では、住宅事情もあってか、家族みんなで川の字になって寝る事が普通ですよね。
ここは、「郷に入ったら、郷に従え」です。

赤ちゃんが一人で寝てくれたら、どれだけ楽でしょう。
これにより、赤ちゃんだけでなく、私たちの睡眠の質も、確実に上がります
それと同時に、赤ちゃんの泣き声を嫌ってほど聞きます。可哀想ですよね。
それでも、しっかり寝て、疲れが取れたら、もっと笑顔で赤ちゃんと接することができます。
元気なママでいる事は、とても大切な事だと思います。

そして、これは、夜の寝かしつけだけではありません。
赤ちゃんは、夜中に何度か起きるそうです。
そんな時、ママの力を借りなくても、自分で再び眠りにつけることが、私は一番のポイントだと考えています。

夜中は断乳する事になり、しばらくは搾乳が必要になるかもしれません。
もしくは、朝方、おっぱいが岩のようになり、目が覚めるかも。(←それ、私)

あと、パパにも同意してもらってくださいね。
これ、絶対、心が折れるんです。
こんなに泣かしといて、眠れるわけない、悪い夢みる・・・後悔・懺悔の思いが降りかかりますので。
でもね、赤ちゃんが起きた時の「あ~よく寝たなっ」って顔見たら、その努力が報われたというもんです。


それでは、大前提として、① 規則正しい生活です。
起床・就寝時間、ご飯、昼寝、お風呂は、なるべく同じ時間に規則正しく、という事。
そうする事で、身体のリズムができます。


② 寝る前の習慣
これから、「寝る」という事を教えるために、毎晩寝る前に同じことをします。

私の場合、
お風呂 →授乳 →少し遊ばせる →絵本 →授乳 →歯磨き →電気を暗くし、鏡の前で「おやすみ」を言う →ベッド

それから、子守歌を歌ったり、軽くマッサージするのもいいかも。
兄ルー君の時、歌ってたけど下手なので止めた。笑。

何でも良いみたいですよ、この習慣っていうのは。
ただ、興奮させないためにっも、ベッドでジャンプとかさせない。
身体が温まって、お腹も程よくいっぱいになり、眠りやすい状態、環境を作ってあげる事。



③ お気に入りのぬいぐるみやブランケット

赤ちゃんベッドには何も置かない(誤飲防止のため)人もいますが、私はこの2つ置いてます。
ルー君はブランケット好き、ケイちゃんはぬいぐるみ好きです。

ケイちゃんは、特に柔らかいものが顔に当たるのが好きなようで、寝るときは顔にぬいぐるみを当ててます。
このぬいぐるみだけど、IKEAのソフトトーイがおすすめ
洗濯できるし、柔らかいし。



④ 止めた方が良い習慣

✖ 添い乳しながら、寝かせる
これが一番難しいかもしれない。私もルー君の時、そうだった。おっぱいあげながら、クッションの上で寝てしまったルー君を、そーっとベッドに置くこと。これ、とっても間違ってる!!要は、おっぱいがないと眠りにつけないという事。

✖ スゥイングやバウンサーで寝かせる
揺れてないと眠りにつけない。

✖ 抱っこやおんぶで寝かせる
上記と同じ。


⑤ スリープトレーニング、スタート!(かなり自己流です)

・ 「おやすみ」と言って、部屋を出ます
・ 泣き叫んでも、5分は我慢する
・ 3分後、部屋へ入り、トントンしたりして、抱っこはしないのが基本
・ 1分ほどで部屋を出る、長居しない
・ 次は、5分、7分、10分、15分と間隔を開けていく

と、まぁ本に出てるのはこんな感じですよね。
あとは、自分でアレンジしていくしかないと思います。
人はそれぞれ、赤ちゃんそれぞれ、異なりますから。
心が折れちゃいそうでしょ、頑張って!!

私は、ギャン泣きの場合は抱っこして、少しなだめさせてから、再びベッドへ。
その時点で泣いたりね、当たり前です。
でも、それが、いつしか、泣き疲れて、眠りに入ってしまいます。
それが続くと、赤ちゃんも諦め、慣れていくんでしょうかね。

あと、ホワイトノイズを使ってみた事も。
あの、昔TVの砂嵐であった、ザァーザァーする音です。
YouTubeで探せます。

あと、ビニール袋をシャカシャカさせた事も。

なるべく、赤ちゃんがお腹の中にいた時の音だと落ち着くそうだ。
掃除機もそうだけど、夜中に使うとうるさいし。



☆ 兄ルー君の場合 ☆

生後6ヵ月以前に挑戦。が、失敗。
まだ早過ぎたのかもしれないと思い、日本帰国が重なり、生後9ヵ月で成功。
結構時間がかかったし、心がバリバリと音を立てて、割れました。。。

思い起こせば、離乳食もなかなか進まなかったので、それもあるのかな。
その後、夜泣きがあったり、いろいろしたけれど、それは当たり前。
今でこそ、そう断言できるけれど、その時、その時、頭を悩ませたもんです。
4歳になった今、あんなに大泣きしていた事なんて忘れてますよ、本人は。
今は、昼寝した後の不機嫌な態度をするのを止めて欲しいですね。


☆ 妹ケイちゃんの場合 ☆

生後5ヵ月で離乳食始め、順調に食べる。
6ヵ月過ぎから、ゆるーくスリープトレーニングを開始。

しっかり食べるからかな、寝つきも良く、確か初日で15分ほど。
3,4日目で、5分くらい泣いたかな。
いや、もしかしたら、泣きもしなかったかも。
6ヵ月半で朝まで寝るように。
昼寝も、割とすぐ寝てくれる。

でもね、この4,5日、ギャン泣きです。
昼寝もちょっと怪しい・・・。
だから、私かパパが、ベッドの脇のソファーで待ちます。
見えるところにいれば、安心して、眠るというわけ。
5,10分くらいで寝てくれるんだけど。
そして、2日連続で朝4時に一度ギャン泣き。。。

夜泣きは成長の証。
スリープトレーニングで、少し夜泣きは軽減できるかもしれませんよ。
そんな保証ありませんが、やってみる価値はあると思います。

旦那さんと、そろそろスリープトレーニングもう一度やろうか、と話しています。
先週は風邪ひきだったという理由があったのに、もう治ってるし。
うんんん、何としても、一人で眠って欲しい、私たち。
みんな、がんばろー^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

☆ショッピング☆


スポンサーリンク
わが家の宝物
プロフィール

Lubu

Author:Lubu
大好きなモントリオール移住6年目。
フレンチカナディアンの旦那さん、
子どもの2人兄妹と愛猫ルブと共に幸せ満喫中。
それなりに悩むアラフォー主婦。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ありがとう!
ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Merci!