2017-01-06(Fri)

子どもの食物アレルギーを考える

新年が明けて、もう5日。
うちの旦那さんは、明日は出勤するそうです。
という事は、私が子ども2人見るという・・・激務な日。
自分の子どもなのにね!?

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

最近、知合いのママさんがFBで「食物アレルギー」について、大討論!!
たった2行ほどの投稿だったのにも関わらず。
それは、近所にある室内遊園地でのこと。

あるママが、ナッツを袋ごと持ってきていた、というもの。
こんな子供が集う場所で、それはアリかどうか?

最初見た時、ふーんとしか思わなかった。
なぜって、自分には関係ないから!
と言っても、これから出る可能性はあるけれど、今、私の生活は、日常の事でいっぱい。
自分のやりたい事もろくにできないのに、関係ないものは排除してしまってる。

でも、あまりに多くの人が読み、コメントを残してるのを見て、そうなんだ!といろいろ感じました。
確かに、子どもが集まる、デイケア、学校などでは、ナッツフリーは必須。

実際、デイケア時代にも、プレイグループの中でも、日本語センターのクラスにも、アレルギー持ちの子がいる。
うちの子にないのは、運なのか。
その分、うちの子にはいろいろあります。。。
だから、私のファミリードクターに聞いてみようと思い、今日予約の電話をしたら、長期の療養に入ることが判り、ショック。
ルー君妊娠時代からのドクターで、いろいろあったけど、信頼していただけに、悲しい。

話が逸れました。
とにかく、アレルギーって、ナッツだけじゃなく、卵、乳製品、甲殻類、大豆、小麦など、様々。
ラテックス(ゴム手袋?)アレルギーも、出産前に何度も確認されたし。
最悪、アナフィラキシーショックなどは、死に至ると聞くし。
本人はもちろん、親、学校などにエピペンを用意。

知合いのお母さんも言ってた。
子どもが誕生日パーティーなどに行く時は、お手製のカップケーキを持たせるって。

そういう方に会うと、必ず聞いてしまうのが、
どうして、子どもにアレルギーがある事が判ったのか?

親自身に少なからずアレルギーがあるので、注意していた…と。
3人に聞いて、3人ともそうおっしゃってました。
遺伝が強いのでしょうか。
子ども全員アレルギー持ちと答えた方もいれば、1人だけ・・・今のところねって答え方も。

これから、そういう子供だけで行く状況が増えてくるんです。
学校はもちろんだけど、学校外のパーティーなど。

ルー君は、デイケア3ヵ所通ったけど、ルールは様々でした。
一つは、食品(離乳食など)はもちろん、ビニール袋ですら、持ち込み禁止と言ってた。

やはり、日本より北米の方が進んでいるかな。
でも、飛行機などの密室とかじゃ、避けようがない・・・
友人が、ACのCクラスは、未だにおつまみはナッツだよ~と言ってました。
そうだよね…全てナッツフリーになるなんて、まだ先なんだろうな。
スーパーなどに、山積みで売ってるもんな。
しかも、身体に良いときた。
難しい問題だ。


その大討論されてる遊園地、明日行ってきます。

基本、食べ物の持ち込み禁止なんだけど、ゆるーい感じ。
赤ちゃんフードないし…
でも、うちのケイちゃんそろそろ18ヵ月で、赤ちゃんじゃないんだな…
あの大討論で、誰かがオーナーに伝えたかも。
みんなの安全のためには、従うべきルールですね。


私はこのニュースを読んで、少し理解し、考えが変わりました。
After 11-year-old boy's sudden death, mom warns about food allergies

時間がある方は、読んでみてくださいね^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

☆ショッピング☆


スポンサーリンク
わが家の宝物
プロフィール

Lubu

Author:Lubu
大好きなモントリオール移住6年目。
フレンチカナディアンの旦那さん、
子どもの2人兄妹と愛猫ルブと共に幸せ満喫中。
それなりに悩むアラフォー主婦。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ありがとう!
ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Merci!