子どもの日本語の学び方

今週はずっと寒いっ!
やっぱり冬ですよね。
あの穏やかな秋はどこ行ったんだ~!!

忘れる前に、いつも、誤字脱字が多くて、すみません。
時々、読み返して、自分で「?」になります。
いつも2,3回に分けて、書くことが多くて・・・言い訳ですね。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

今日は、子どもの日本語力について、いろいろ考える時間がありました。
それと言うのも、日本語補習校のオープンキャンパスに行ってきたから。

モントリオールで、子どもたちが日本語を学ぶ場所は、主に2ヵ所。
基本、土曜日です。
・ 日本語センター
・ 日本語補習校

あえて、リンクは貼っていません。
私の私見が入るので、詳細はここでは書きません。

ここに書きたい事は、山ほどあるけれど、噂も山ほどあるわけで。
どっちが良いとか、どの先生が良いとか、キリないですよね。
どちらもそうですが、先生・クラスが選べるわけではありません。
どちらも親のボランティアは必須です。
何か知りたい事がありましたら、コメントでもください。

今日は、同じハーフの子を持つ親との交流は、子どものことを考える良い機会でした。
こういった場所に通えば、子どもたちも日本の文化・言語には触れるんです。
まぁ、今も毎週通っていますが。
勉強に関しては、家庭でのサポートが欠かせないわけで、家族のサポートも必要です。
私の場合は、外国人の旦那さんです。

私の周りには、旦那さんがかなり日本語が話せる人が結構います。
日本語習得に好意的と思いきや、そうでもなかったり。
自分が話せないから、サポートする旦那さんがいたり。
要は、子どもが週末の土曜日に、日本語を勉強するとはどういう事なのか。

旦那さんの協力無しでは、成り立たないという事。

・ 授業料などお金のこと
・ 妹ケイちゃんの世話
・ わが家には車が1台
・ 日々の宿題
・ 家族行事などの欠席

他にもあるだろうな・・・

日本語習得ばかりに熱中してると、日本に帰ることばかり考えてしまう。
それも、もったいない・・・
他にも、子どもの可能性はあるはず!
スポーツだったり、音楽だったり、何でも良い。
それに、「こどもチャレンジ」を続けてる子もいます。
これは、私には絶対無理な選択肢です。

まだ旦那さんとちゃんと話し合ったわけではないけど、
「君がやりたいなら、どうぞ」というタイプ。

次は、私の決意なのか。
(直前に、ちょっと待ったをかけられるかもな・・・今回は)
最後は、行く本人の息子。

ちょっと順番違くないって思うかもしれないけど、
6歳になりたての息子には、現状ムリです。

こうやって書いてると、私の中では、決まったな。
挑戦してみる価値はある!

何がなんだかわからない人、すみません。
独り言に近くて・・・



更新の励みになります。ポチッとね↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村





Leave a comment

Private :

Comments

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
スポンサーリンク
プロフィール

Lubu

Author:Lubu
大好きなモントリオール移住6年目。
フレンチカナディアンの旦那さん、
子どもの2人兄妹と愛猫ルブと共に幸せ満喫中。
それなりに悩むアラフォー主婦。

わが家の宝物
最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ありがとう!
ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Merci!